全銀協、ブロックチェーン技術実証実験のパートナーベンダーに4社を選定

14日、全国銀行協会はブロックチェーン技術を用いた「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実験を提供するベンダーに株式会社NTTデータ、株式会社日立製作所、株式会社bitFlyer、富士通株式会社の4社を選定することを明らかにした。NTTデータ、日立、富士通の3社は以前よりThe Linux Foundationによるオープンソースブロックチェーンプロジェクト「Hyperledger Project」のメンバーであり、積極的にブロックチェーン技術の研究開発している他、bitFlyerは独自のブロックチェーン「miyabi」を開発し、既に3大メガバンク(みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ)との実証実験を終えているなどいずれの企業も国内におけるブロックチェーン技術の先端企業である。

 今回の全国銀行協会による「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の整備により、また一歩、金融業界におけるブロックチェーン実装に近づくだろう。また、最近では金融以外の面でもブロックチェーン技術が注目されており、今後の更なるブロックチェーンの躍進に期待したい。

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. 米通販大手Amazon、仮想通貨絡みのドメインを取得

  2. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ

  3. ICOで資金調達したConfido,突如姿をくらます

人気記事 PICK UP

  1. BLACK FRIDAY
  2. IoTと仮想通貨
  3. ついに実装!SegWitとは
  4. 夏枯れからリバウンドへ
  5. コインを燃やす!?” Proof of Burn “とは
  6. イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは
  7. 日本発ICOによる資金調達「ALIS」とは

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP