米通販大手Amazon、仮想通貨絡みのドメインを取得

Whois Lookupによると、「amazonethereum.com」、「amazoncryptocurrency.com」、および「amazoncryptocurrencies.com」の3つのドメインが1031日に登録されたという。登録文書に記載されているAmazon法務部の電話番号へCoindeskの記者が問い合わせたが、「公式の発表があるまでなにも答えられない」と言われたとのことだ。Amazon2013年にも「amazonbitcoin.com」というドメインを登録しているが、既知の通り未だAmazonはビットコインに関する発表は何もしておらず、今回の登録もAmazonブランドを保護するために登録しただけの可能性が高い。(ちなみに、現在「amazonbitcoin.com」へアクセスするとAmazonのメインページへリダイレクトされる。)Amazonの決済手段といえば、今年1月にはPayPalと交渉中であるとの情報が明らかにされた。これに加えて、もしビットコイン決済も導入されるとなれば、消費者にとってAmazonでの支払い手段が一気に拡大したこととなる。また、通販最大手のAmazonがビットコイン決済を導入するとなれば、ビットコインの価格にも少なからずとも影響を与えるだろう。今後の行く末に注目だ。

 Amazon Subsidiary Registers Cryptocurrency and Ethereum Domains – CoinDesk :

https://www.coindesk.com/amazon-subsidiary-registers-3-cryptocurrency-web-domains/

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. 全銀協、ブロックチェーン技術実証実験のパートナーベンダーに4社を選定

  2. ICOで資金調達したConfido,突如姿をくらます

  3. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ

人気記事 PICK UP

  1. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ
  2. アタマとシッポはくれてやれ!
  3. マイクロファイナンスとは
  4. ハロウィーン・アノマリーとは?
  5. 地政学リスクと新興国投資
  6. 世界初!政府が発行する仮想通貨「エストコイン」
  7. ハウステンボス、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」実証実験へ

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP