米通販大手Amazon、仮想通貨絡みのドメインを取得

Whois Lookupによると、「amazonethereum.com」、「amazoncryptocurrency.com」、および「amazoncryptocurrencies.com」の3つのドメインが1031日に登録されたという。登録文書に記載されているAmazon法務部の電話番号へCoindeskの記者が問い合わせたが、「公式の発表があるまでなにも答えられない」と言われたとのことだ。Amazon2013年にも「amazonbitcoin.com」というドメインを登録しているが、既知の通り未だAmazonはビットコインに関する発表は何もしておらず、今回の登録もAmazonブランドを保護するために登録しただけの可能性が高い。(ちなみに、現在「amazonbitcoin.com」へアクセスするとAmazonのメインページへリダイレクトされる。)Amazonの決済手段といえば、今年1月にはPayPalと交渉中であるとの情報が明らかにされた。これに加えて、もしビットコイン決済も導入されるとなれば、消費者にとってAmazonでの支払い手段が一気に拡大したこととなる。また、通販最大手のAmazonがビットコイン決済を導入するとなれば、ビットコインの価格にも少なからずとも影響を与えるだろう。今後の行く末に注目だ。

 Amazon Subsidiary Registers Cryptocurrency and Ethereum Domains – CoinDesk :

https://www.coindesk.com/amazon-subsidiary-registers-3-cryptocurrency-web-domains/

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. 全銀協、ブロックチェーン技術実証実験のパートナーベンダーに4社を選定

  2. ICOで資金調達したConfido,突如姿をくらます

  3. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ

人気記事 PICK UP

  1. 世界初!政府が発行する仮想通貨「エストコイン」
  2. IoTと仮想通貨
  3. 夏枯れからリバウンドへ
  4. ついに実装!SegWitとは
  5. イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは
  6. 話題の”ICO”とは
  7. コインを燃やす!?” Proof of Burn “とは

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP