仕手株について

そもそも仕手とは、多額の資金を保有する特定の個人または集団が短期間での大きな利益を目的として株価の急騰、急落を人為的に操作することを言います。通常、株価が急騰している株には好材料があるものですが、全く理由や根拠が薄いまま急騰することが仕手株の特徴として挙げられます。また仕手化しやすい株の例として以下が挙げられます。

  1. 価値判断が難しい株(新興企業など)
  2. 発行済み株式数が少なく、浮動株比率が低い株
  3. ぼろ株や低位株
  4. 業績に大きな影響を与えそうな株

「仕手株は投資の華」という格言にもあるように、短期的に大きな利益を狙いたい方々にとって魅力的であるように思います。しかし、大きな利益に繋がることもある反面、同じように大きな損失に繋がることもあることを念頭に置かなければならないでしょう。

投資のパートナー編集部 S

投資のパートナー編集部 S

大手証券会社に4年間在籍。中堅企業や個人投資家向けの資産コンサルティングに携わる。

関連記事

  1. ハロウィーン・アノマリーとは?

  2. 地政学リスクと新興国投資

  3. アタマとシッポはくれてやれ!

  4. クジラの存在

  5. マイクロファイナンスとは

  6. 高い安いってなんだろう

  7. 夏枯れからリバウンドへ

  8. BLACK FRIDAY

人気記事 PICK UP

  1. 地政学リスクと新興国投資
  2. GMOインターネット、ビットコインマイニング事業に参入
  3. ARにおける建設業界の変化
  4. 日韓金融機関、送金実験開始
  5. BLACK FRIDAY
  6. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ
  7. 仕手株について

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP