ハウステンボス、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」実証実験へ

ハウステンボス(長崎県佐世保市)は独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」を用いた決済システム実証実験を12月中旬より約3か月間、従業員を対象に始めることを公表した。当初は場内の指定の場所で「テンボスコイン」をチャージし、食事や買い物の決済に利用できるほか、将来的には電力小売り事業を展開する「HTBエナジー」などのグループ会社、周辺地域の事業者も「テンボスコイン」に参画できるような計画もしているという。また、「テンボスコイン」は世界初の「金本位制に基づく仮想通貨」とする計画であり、ハウステンボスは既に1トンの金(約50億円相当)を保有している。

 こうしたブロックチェーンを用いた「電子地域通貨」は飛騨信用組合の「さるぼぼコイン」や近鉄ホールディングスの「近鉄ハルカスコイン」などが既に実証実験を完了している。これまでの「地域通貨」は印刷代や管理コストの面から定着しにくいのが現状であったが、ブロックチェーン技術の導入によってそうしたコストが消え、また店舗側も専用端末なしでQRコードを店に貼るだけで電子通貨決済を導入することができる。「地域通貨」を普及させるためには店舗側、利用者側の双方が利点を感じる必要があり、それをクリアするための仕組み作りが課題となるだろう.

 

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. コインを燃やす!?” Proof of Burn “とは

  2. ビットコインは再び分裂するのか

  3. IoTと仮想通貨

  4. 話題の”ICO”とは

  5. ついに実装!SegWitとは

  6. GMOインターネット、ビットコインマイニング事業に参入

  7. 世界初!政府が発行する仮想通貨「エストコイン」

  8. 日本発ICOによる資金調達「ALIS」とは

  9. イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは

人気記事 PICK UP

  1. ビットコインは再び分裂するのか
  2. 高い安いってなんだろう
  3. IoTと仮想通貨
  4. ハウステンボス、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」実証実験へ
  5. ハロウィーン・アノマリーとは?
  6. ICOで資金調達したConfido,突如姿をくらます
  7. ARにおける建設業界の変化

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP