イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは

“Proof of Stakes”とはピアーコインで最初に用いられた仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムの一種であり、主にビットコインで用いられている”Proof of Works”の代替システムである。
”Proof of Works”は俗に「マイニング」と呼ばれる高性能なコンピューターと大量の電力を消費して複雑な計算を総当たりで計算することでブロック承認するアルゴリズムであるが、実のところ、これは極めて非効率なやり方である。また、それとは別に「51%攻撃問題(特定の個人やグループが全体の採掘速度の51%以上を支配してしまうと不正な二重支払いが可能になってしまうこと)」といった問題点も指摘されている。
これに対し、”Proof of Stakes”とはその人のコイン保有量と保有期間を元に算出された値をベースに総当たりで計算する範囲が狭まるため、”Proof of Works”のように高性能なコンピューターや大量の電力を消費せずともブロック承認できる効率的なアルゴリズムである。また、このシステムで「51%攻撃」を行おうとすると非常に多くのコインを保有する必要があり、攻撃に成功すれば自分自身が保有するコインの価値を大きく下げてしまう。そのことから、”Proof of Stakes”は「51%攻撃」に強いという特性も併せ持つ。
上記2つのコンセンサスアルゴリズム以外にもNEMの”Proof of Importance”やBurstcoinの”Proof of Capacity”など様々な方法が模索されており、今後どんな画期的なコンセンサスアルゴリズムが提唱されるのか注目である。

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. GMOインターネット、ビットコインマイニング事業に参入

  2. ハウステンボス、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」実証実験へ

  3. 話題の”ICO”とは

  4. 日本発ICOによる資金調達「ALIS」とは

  5. ビットコインは再び分裂するのか

  6. コインを燃やす!?” Proof of Burn “とは

  7. IoTと仮想通貨

  8. 日韓金融機関、送金実験開始

  9. 世界初!政府が発行する仮想通貨「エストコイン」

人気記事 PICK UP

  1. 地政学リスクと新興国投資
  2. ドバイ政府、独自暗号通過「emCash」発行へ
  3. ビットコインは再び分裂するのか
  4. 夏枯れからリバウンドへ
  5. IoTと仮想通貨
  6. クジラの存在
  7. GMOインターネット、ビットコインマイニング事業に参入

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP