ビットコインは再び分裂するのか

「スケーラビリティ問題」の解決策を巡り、開発者とマイナー、取引所の間で意見が割れた結果、兼ねてから懸念されていた通り、8/1にビットコイン(BTC)から分裂し、ビットコインキャッシュ(BCC)という新たな通貨が誕生した。しかし、現在最も支持されているSegWit2xという案によればこのビットコインが11月頃に再度、分裂する可能性がある。再び分裂するということになれば価値は大きく揺れ動き、取引所もまた対応に追われることになるだろう。
そもそも「スケーラビリティ問題」自体は今後もビットコインの成長とともに起こり得る可能性があり、その度に分裂騒動に発展する可能性を孕んでいる。しかし、現在では既存の「Lightning Network」のようなブロックチェーンを使わずに多数のトランザクションを処理することができるようになる「オフチェーン技術」の開発、そしてビットコインと同様の問題を抱えたアルトコインが多数存在している。にも関わらず、それぞれのコミュニティで独自の開発を行っているために非効率となっている。こうした現状を解決するため、「サイドチェーン技術」の開発が盛んに行われている。これら技術の実現はビットコインだけではなく仮想通貨全体が抱える「スケーラビリティ問題」を抜本的に解決することができるようになるかもしれない。

投資のパートナー編集部 M

投資のパートナー編集部 M

ビットコインのマイニングに従事。仮想通貨全般を担当する。

関連記事

  1. 世界初!政府が発行する仮想通貨「エストコイン」

  2. GMOインターネット、ビットコインマイニング事業に参入

  3. コインを燃やす!?” Proof of Burn “とは

  4. 話題の”ICO”とは

  5. 日本発ICOによる資金調達「ALIS」とは

  6. IoTと仮想通貨

  7. ついに実装!SegWitとは

  8. ハウステンボス、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」実証実験へ

  9. イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは

人気記事 PICK UP

  1. アタマとシッポはくれてやれ!
  2. 夏枯れからリバウンドへ
  3. ついに実装!SegWitとは
  4. 全銀協、ブロックチェーン技術実証実験のパートナーベンダーに4社を選定
  5. IoTと仮想通貨
  6. BLACK FRIDAY
  7. イーサリアムも移行予定の”Proof of Stakes”とは

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP