クジラの存在

クジラといってもあの大海に生息する巨大な哺乳類ではありません。日本の株式市場にも実はクジラが生息しているのです。一般的に株式市場に与える影響力の大きさから、資産の大きな機関投資家のことを呼び、日本銀行・GPIF(年金)・共済・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の5頭のクジラが現在日本の株式市場を下支えしています。クジラが買い込むことによって株価は大きくするなどその動向は株式市場に大きな変動をもたらすので各証券会社はクジラの動きを注視(ホエールウォッチング)し、その動向を見てクジラ警報を発しています。
こう聞くと、ついつい何か別格なものとして扱ってしまいそうになりますが、日銀以外は基本的にただの機関投資家であり、つまり当然の利益を求めた行動をするに過ぎず、必要以上にその姿をとらえようとしないことも重要かもしれません。

投資のパートナー編集部 i

投資のパートナー編集部 i

株式会社クラウドファンディング所属。個人投資家向けの資産コンサルティングに従事。

関連記事

  1. アタマとシッポはくれてやれ!

  2. 仕手株について

  3. 地政学リスクと新興国投資

  4. BLACK FRIDAY

  5. 高い安いってなんだろう

  6. ハロウィーン・アノマリーとは?

  7. 夏枯れからリバウンドへ

  8. マイクロファイナンスとは

人気記事 PICK UP

  1. 夏枯れからリバウンドへ
  2. 話題の”ICO”とは
  3. 全銀協、ブロックチェーン技術実証実験のパートナーベンダーに4社を選定
  4. ARにおける建設業界の変化
  5. ついに実装!SegWitとは
  6. 日韓金融機関、送金実験開始
  7. ビットコインは再び分裂するのか

人気記事

おすすめ記事

特集記事

PAGE TOP