IFAに転職する上で知っておくべき、IFAの働き方と収益性

IFAに転職する上で知っておくべき、IFAの働き方と収益性

2023/09/27

現代の働き方の多様性とIFAの位置づけ

近年、ワークライフバランスやリモートワークの普及に伴い、多様な働き方が注目されています。その中でIFAは、自由度の高い働き方と専門性を兼ね備えた職種として、多くの転職希望者からの関心を集めています。

1. IFAの主な働き方

業務委託型とその特徴

業務委託型のIFAは、成果報酬が中心の働き方を指します。具体的には、顧客への商品提案やアドバイスが成果として認められた際に報酬が発生する仕組みです。このため、高い報酬を得るチャンスが広がっています。

この型の最大の魅力は、ノルマや固定の業務時間に縛られることなく、自分のペースで仕事を進められる点です。特に、家庭や趣味、他の仕事との両立を考えている方には、この自由度が高い働き方は非常に魅力的と言えるでしょう。

社員型とその特徴

社員型のIFAは、IFA法人に正社員として所属し、一定の給与を保証される働き方です。基本給が固定されているため、収入の安定性が魅力となります。しかし、その反面、一定の業績目標や業務範囲が設定されることも少なくありません。

この型は、経済的な安定を求める方や、一定の業務範囲内での専門性を深めたい方に向いています。また、IFA法人の教育体制やサポート体制を受けられるため、業界未経験者やキャリアアップを目指す方にもおすすめです。

出社型 vs 非出社型の選択

出社型のIFAは、オフィスに定期的に出社し、その場で業務を行うスタイルです。オフィスでのコミュニケーションや情報共有の機会が増えるため、チームワークを重視する方や、直接のコミュニケーションを好む方に向いています。

一方、非出社型は、完全にリモートでの働き方を指します。通勤時間がなく、好きな場所での業務が可能です。しかし、自己管理能力が求められるため、自分のスケジュールをしっかりと管理できる方、リモートワークに慣れている方に特におすすめです。

どちらの型を選ぶかは、個人のライフスタイルや働き方の好みによるため、自分に合った選択をすることが大切です。

2. 収益性の違い

業務委託型の収益モデル

業務委託型のIFAは、成果報酬が中心の収益モデルを採用しています。具体的には、顧客への商品提案やアドバイスが成果として認められた際に報酬が発生します。このため、高い報酬を得るチャンスが広がっています。しかし、その反面、収入の不安定性も伴います。市場の動向や顧客のニーズに応じて収入が変動するため、一定の収入を期待することは難しいのが実情です。

社員型の収益モデル

社員型のIFAは、基本給と成果報酬の両方を収益源としています。基本給が固定されているため、一定の収入の安定性が保証されます。これに加えて、成果報酬も得ることができるため、収入の上限を上げるチャンスもあります。しかし、一部のIFA法人では、成果報酬の上限が設定されている場合もあり、その点を考慮する必要があります。

出社型と非出社型のコストと収益性

出社型のIFAは、オフィスに出社することから、オフィス関連のコスト(オフィス賃料、通勤費、情報端末の費用など)が発生します。これは、収益性に影響を及ぼす要因となります。一方、非出社型のIFAは、オフィス関連のコストが発生しないため、その分、収益性が向上する可能性があります。

しかし、非出社型のIFAは、リモートワークを中心とした働き方のため、リモートでのサポートや教育が必要となる場合があります。これに伴うコストや、リモートワークの環境整備に関する投資も考慮する必要があります。

3. コンプライアンスとの関連

月次のコンプライアンス研修の重要性

IFAとしての職務は、顧客の資産を適切に管理・運用するという重要な役割を担っています。そのため、最新の金融情報や法律、規制の変更など、常に変わる環境に迅速に対応する必要があります。このため、IFAは月に一度のコンプライアンス研修を受けることが義務付けられています。

この研修を通じて、IFAは最新の情報やルールを学ぶことができます。また、研修はIFAの専門性や信頼性を保つための重要なプロセスとなっており、顧客からの信頼を得るためにも欠かせないものとなっています。

証券会社との関係性と収益性

IFAの業務の中心は、顧客に最適な金融商品を提案することです。このため、証券会社との良好な関係性は非常に重要です。証券会社から提供される情報やサポートは、IFAの業務の質を向上させる要因となります。

また、証券会社との関係性は、IFAの収益性にも大きく影響します。良好な関係を築くことで、より良い条件での取引や、新しい商品の情報提供など、多くのサポートを受けることができます。これにより、IFAは顧客に適切な商品を提案し、その結果として収益を向上させることができます。

4. 非出社型の働き方のメリットとデメリット

通勤時間の削減と収益性

非出社型のIFAとして働く最大のメリットは、通勤時間が完全にないことです。都市部での通勤時間は、往復で1日に2時間以上かかることも珍しくありません。この2時間を毎日有効に活用すれば、1ヶ月で40時間以上の作業時間を確保することができます。

この時間を顧客とのミーティングや新しい商品の研究、マーケティング活動などに充てることで、収益向上に直結します。また、通勤にかかる交通費やランチ代も節約できるため、経費の削減にも繋がります。

リモートワークのサポートとコスト

一方、非出社型のデメリットとして挙げられるのが、リモートワークのサポートに関するコストや時間です。リモートワークをスムーズに行うためには、高性能なパソコンや安定したインターネット環境、専用のソフトウェアなどが必要となります。これらの設備投資は初期コストとしてかかります。

また、非出社型であるがゆえに、オフィスにいる同僚や上司とのコミュニケーションが取りづらくなることも。これにより、情報の共有や相談が遅れることがあるかもしれません。さらに、リモートワーク特有の孤独感やモチベーションの低下も考慮する必要があります。

IFA転職について

IFAを選ぶ時のポイント

先述の通り「業務委託型と社員型の違い」「出社型と非出社型」「コンプライアンス」のメリットデメリットをしっかりと理解し、自身のキャリアを計画することが重要です。

IFAとしての働き方を選ぶ際のポイント。あなたのライフスタイル、キャリアの方向性、収入の安定性をしっかりと考慮し、自分に合った選択をすることが大切です。

当社でもIFAの採用を行なっております。ご興味のある方はぜひご一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。